2018.07.30

教会式スタイルで執り行われる挙式では、白いお花とグリーンのみで作られたキャスケードブーケが正統とされているんだとか。

昨今は、画像のような淡い挿し色を取り入れるなど、しきたりにとらわれすぎず、お好みのスタイルでブーケを選択される花嫁様もおおくおみえです(^^)

結婚式は、新郎新婦おたがいのゲストの方が、初めて出逢うお互いのパートナーを見知る出会いの場でもありますよね(^^)

そんな時、『自分らしく』自己紹介を兼ねるような表現やコーディネートをされることも、とても素敵なんじゃないかと思っております(^^)

これから秋のブライダル・シーズンに向けて、新郎新婦おふたりとのお花の打ち合わせがめじろ押し!

打合せでは、私たちフローリストがおふたりらしい花あしらいができるよう、ご提案させていただいたり、おふたりと一緒に考える。

とても有意義な時間です(^^)

ブライダルの最新記事はこちら