2018.08.05

ニュアンスカラーがお好きな新婦さま。

会場装花、ブライダルブーケ共に、爽やかなグリーン×パープルのコーディネートです(^^)

クラッチブーケはユーカリポポラスや利休草、ハーブなど数種のグリーンを伸びやかにあしらい、ナチュラルに。

お花は、ナチュラルすぎず、上品に...

白バラ"ブルゴーニュ"は、ブライダルに人気の品種で、ふわっと柔らかな咲き姿が美しいバラ(^^)

アンティークな雰囲気の秋色あじさいは、淡いラベンダーからくすみピンク、グリーンへのグラデーションが魅力です。

紫のカーネーションは、サントリーフラワーズの『世界初の青色カーネーション』"ムーンダスト"

花言葉は"永遠の幸福"

画像の左下あたりに見える、珍しいお花はセルリア。

このセルリアは、英名でBlushing Bride(頬を染めた花嫁)と呼ばれ、ブライダルにぴったり。

花びらのような苞の先が僅かにピンクがかっていて、まるで柔らかく染まった花嫁さんのほっぺたのよう、との意からくるんだとか。 

あの、ダイアナ妃のブーケにも用いられたこのセルリア。なんとも由緒正しいブライダルフラワーなんです(^^)

ブライダルブーケは、新郎新婦さまおふたりの想い出として、いつまでも心に残るものだと思います。

こんな、それぞれのお花のstoryを楽しみながら、これからも振り返って頂ければ幸いです(^^)

本当におめでとうございます!

末永く お幸せに!

ブライダルの最新記事はこちら